自家用車の廃車手続きについての注意点をご紹介!

注意すべきポイントとは?

自家用車の廃車手続きで注意しないといけないことのポイントの一つは、現在の車の所有者が誰になっているのかをしっかりと確認することです。車をローンで購入した場合は、車検証上の所有者が買った店やローン会社のままになっているケースがよくあります。そうした場合、そのままでは車を廃車にすることはできません。所有者に所有権を自分に移転してもらわないといけませんよ。それには必要な書類がありますので、前もって連絡しておくようにしましょう。

ローンが残っている場合の廃車手続き

例え1円でもローンが残っている場合は、廃車手続きはできません。注意しましょうね。それはローンが残っている場合は、その車の所有者がローン会社もしくは販売店だからです。先ほど説明しましたが、所有者が自分でないと廃車手続きはできません。もしローンが残っているけど廃車手続きをしたいという場合は、ローン会社に相談してみましょう。どうしてもの場合には相談に応じてくれるかもしれません。もちろんですが、廃車手続きが完了した後でもローン残金を支払わなければいけませんよ。

業者に依頼するときのポイントは?

自分で廃車手続きする方法以外に、業者に依頼するという方法もあります。その際に注意したいのは、しっかりと解体手続きが完了したかどうか確認することです。しっかりと手続きがされていないと、毎年自動車税の請求書が届いてしまいます。また、廃車するしかないと思っても意外と買取してもらえる可能性もあります。事故車でも買取可能な業者もあるんですよ。廃車にする前にいくつかの業者に一度問い合わせてみるのもいいかもしれませんよ。

千葉の廃車サービスは故障していた場合でも買取してくれるので、不要になったものがある場合には便利です。

ドローンはおもちゃではないのか?それとも何に使えるのか?

話題に上ったのは2015年の春ごろだったか

大手通信販売業者のコマーシャルか何かだったように思われます。それは宅配の荷物をドローンを使って各家庭に配送するというもので興味深くもあり、一面大丈夫なのかという心配もありました。瀬戸内海の離島まで港から実際に後から追跡する形で運搬する実験も行われていました。これらから天候が良ければ軽い医薬品などの類であれば運搬することも難しくはないという印象を受けました。我が国でも1970年代以降に農薬散布に利用されていたという経緯はあったようでした。

その後のトラブルに関しては

機体も軽く遠隔操縦できるということで空撮を行うのにその都度ヘリコプターをチャーターするのは費用もかかって不経済と思われますので、この面での利用は可能ではないかとも思われます。その後首相官邸の屋上へこれが落下したり、あるいは神社で行事が行われている最中にこれが落下するという事故も起こりました。政府はこういうことからも規制をかけることになり、許可地域や高さ制限などを設けて法的な規制もかけられるようになって来ています。

今後はどうなって行くのか?

国内でも簡単に購入できるようになり、企業もこれを使って事業に乗り出す様子も見られます。動画共有サイトにおいてはこれを利用した銃による攻撃とか、時速100キロを超えるスピードレースとか、あるいは将来は人間が乗れるであろう未来型のドローンというアニメーションも見られました。そして注目したのは30キロの重さのものが持ち上げられるのかという実験も行われていた点です。業務用となると対費用効果からこれぐらいの重量を持ち上げられることも必要かとも思われます。バッテリーの持続時間とか天気の急変、あるいは電線や電話線、樹木への衝突などによる事故などを考えると相当出費を覚悟しておく必要もあると思われます。

フィギュアの買取では、店頭への持ち込み以外に宅配による買取にも対応している場合が多いため、気軽に依頼できます。