様々な場所での車検整備の特徴について知ろう

自動車ディーラーでの車検整備

車について詳しくない人が車検を受ける時に一番オススメなのがディーラーです。ディーラーであれば、エンジンオイルやオイルフィルターしか交換しない事を前提に車検整備を行います。そのためかなり手厚い整備を受ける事が可能です。整備する際の部分ですが、ディーラーの正規部品を使うため質の良い整備が可能です。整備するスタッフは全員一級整備士の国家資格を所持しています。整備した部分に関してディーラーの保証が付くので万が一整備不良があった場合でも安心ですよ。

ガソリンスタンドやカー用品店での車検整備

ディーラー以外でもガソリンスタンドやカー用品店でも車検整備が可能です。こちらの整備だと車検での必須とされている整備場所を除き、整備する場所を整備士と相談する事になります。その際に多少ではありますが、車の知識が必要になります。メリットとしてはディーラーで整備するよりも安い値段で車検を受ける事が可能です。整備する担当者はディーラーと違い、一級整備士ではなく二級整備士である場合もあります。その場合は一級整備士の指導のもとで整備しますよ。

ユーザー車検とは何でしょうか

一番安い方法に国の車検場に行って自分自身で車検を行う方法もあります。この方法だと車検で必須の整備がない場合には、法定費用のみで済むため、一番安い方法になります。しかしこの方法だと万が一車検に合格しない不具合がある場合には、その部分をのみを修復する必要があります。事前の点検も全て自分自身で行う必要があります。そのため結果的にガソリンスタンドやディーラーて車検整備したほうが安くなる場合もたくさんありますよ。

車検とは、法律で定められた保安基準に適合しているかを検査するもので、道路を走る車は2年に1回、新車時初回は3年に1回、検査受けることが義務付けられています。

未分類カテゴリーの記事