自家用車の廃車手続きについての注意点をご紹介!

注意すべきポイントとは?

自家用車の廃車手続きで注意しないといけないことのポイントの一つは、現在の車の所有者が誰になっているのかをしっかりと確認することです。車をローンで購入した場合は、車検証上の所有者が買った店やローン会社のままになっているケースがよくあります。そうした場合、そのままでは車を廃車にすることはできません。所有者に所有権を自分に移転してもらわないといけませんよ。それには必要な書類がありますので、前もって連絡しておくようにしましょう。

ローンが残っている場合の廃車手続き

例え1円でもローンが残っている場合は、廃車手続きはできません。注意しましょうね。それはローンが残っている場合は、その車の所有者がローン会社もしくは販売店だからです。先ほど説明しましたが、所有者が自分でないと廃車手続きはできません。もしローンが残っているけど廃車手続きをしたいという場合は、ローン会社に相談してみましょう。どうしてもの場合には相談に応じてくれるかもしれません。もちろんですが、廃車手続きが完了した後でもローン残金を支払わなければいけませんよ。

業者に依頼するときのポイントは?

自分で廃車手続きする方法以外に、業者に依頼するという方法もあります。その際に注意したいのは、しっかりと解体手続きが完了したかどうか確認することです。しっかりと手続きがされていないと、毎年自動車税の請求書が届いてしまいます。また、廃車するしかないと思っても意外と買取してもらえる可能性もあります。事故車でも買取可能な業者もあるんですよ。廃車にする前にいくつかの業者に一度問い合わせてみるのもいいかもしれませんよ。

千葉の廃車サービスは故障していた場合でも買取してくれるので、不要になったものがある場合には便利です。

未分類カテゴリーの記事